包茎手術後のケアや注意点記事一覧

 

包茎手術を受けた後にセックスがしたくて堪らない。そうなる気持ちも分かります。彼女との快適な性行為がしたくて包茎手術を受けた人も多い事でしょう。しかし、術後は傷口が痛むので擦るなどの行為は完全にマゾ的な行為と言わざるを得ません。傷口を自分で拡げるようなものです。術後は最低でも3週間程度は様子を見て性行為は控えたほうが良いでしょう。クリニックによって対応の仕方は微妙に異なりますが、だいたい3週間から1...

 
 

包茎手術を受けたいと思いながらも、心配な事や不明な事がある…。それが普通ですね。例えば、包茎手術を受けた後はどのくらい休養を取るべきなのか?仕事をしている社会人であれば、気軽に休みは取れませんし休養期間がどのくらい必要なのかは重要な問題ですね。基本的に事務仕事等であれば次の日から従事する事は可能です。ただし、肉体労働系で運動に近い動作を必要とする職業の場合は翌日は控えるべきです。基本的に肉体労働お...

 
 

包茎手術は軽度のものではありますが、手術です。メスを入れることとなるので、体に悪影響が出ることも珍しくはありません。最も気になるのは、翌日にどのような症状が出るかではないでしょうか。まず、痛みは避けて通ることができません。もちろん、どの程度の痛みが出るかは個人差があります。さらに包茎手術を行った医師の腕にも影響されるので、どの程度痛むかは一概に断言することはできません。まず、前提として痛み止めの薬...

 
 

包茎手術を行った場合、1か月後という時期は区切りとなるでしょう。包茎手術の傷が目立たなくなってくる方もいらっしゃるかと思われます。もちろん、完全に傷が塞がっているということは稀ですので、まだまだ油断は禁物ですが、人によっては安心することができるかもしれません。抜糸については、ケースにもよりますので一概には言えませんが、1か月後には抜糸が済んでいるかと思われます。最近は体内で溶ける糸を使い、抜糸が必...

 
 

包茎手術では、仕上がりについて重視する傾向が美容クリニックではあります。ただ包茎を治すだけではなく、いかに綺麗に、実用的にするかといった面も重要視されているのです。これは美容クリニック独自のものとなっています。従って、病院で包茎手術を受ける場合は仕上がりといった面は重視されないでしょう。病院で行うものは治療であり、包茎を治すということを最優先します。傷が残らないように配慮するところもあるでしょうが...

 
 

包茎手術は多くの場合、日帰りとなります。施術にかかる時間がそう長くはなく、全身麻酔を使うことは稀なので、基本的には日帰りと考えて良いでしょう。そもそも、美容クリニックで入院するということ自体が基本的にはありません。そのため、入院があるとすれば泌尿器科といった病院での処置の場合となります。しかし、前述の通り手術はそう長くはかからないので、病院でも基本的には日帰りとなるでしょう。もちろん、入院するとい...

 
 

包茎手術が終わった後は、クリニックで止血などのためにしっかりと陰茎をぐるりと粘着式の包帯で巻かれることが多いようです。自宅に帰ってからは、1日に1回程度、傷口に消毒薬を塗って、3日以降ぐらいからは自身で包帯を取り換えるという作業が必要になってきます。傷跡がなるべく残らないようにきれいに治すためにも、傷口が塞がるまでは丁寧に清潔に扱い、包帯の巻き方も乱暴にならないように注意をしましょう。包帯の巻き方...