包茎手術を受けてから1か月後

包茎手術から1か月後

包茎手術を行った場合、1か月後という時期は区切りとなるでしょう。包茎手術の傷が目立たなくなってくる方もいらっしゃるかと思われます。もちろん、完全に傷が塞がっているということは稀ですので、まだまだ油断は禁物ですが、人によっては安心することができるかもしれません。抜糸については、ケースにもよりますので一概には言えませんが、1か月後には抜糸が済んでいるかと思われます。

 

最近は体内で溶ける糸を使い、抜糸が必要のないケースも増えていますが、どちらにせよ糸が残っているということは考えにくいでしょう。そのため、今後については傷の推移が最も注意したい点です。1か月後の場合はまだ内出血が起こる可能性があるので、痛みや傷の状態には気をつける必要があります

 

そして包茎手術の1か月後近辺からは、性器が上手く機能するか確かめる時期に入ったと考えて良いでしょう。手術後は痛みに耐えるばかりの可能性が高く、日常生活を送るだけで疲労困憊になることも珍しくはありあません。そのため、勃起の状態をなるべく避けるように生活しているという方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、すぐに手術前のような状態に戻すことは避けた方が良いですが、勃起した状態に違和感はないか、その辺りの確認は行っておいた方が良いでしょう。出血が起こるかもしれないという状態ですので、性交渉などは控えた方が良いです。しかし異常はないか、仕上がりに何か不満がないかについては確認する必要があります。


包茎手術費用比較

包茎手術を受けてから1か月後関連ページ

包茎手術後の性行為(セックス)はいつからOK?
包茎手術後に性行為がしたくても直ぐには出来ません。包茎手術を受けた後にセックス出来るまでの期間やその期間中の注意点などについてご紹介したいと思います。
包茎手術後の仕事はいつから復帰できる?
包茎手術を受けた後は仕事に出社できないのか?仕事を休まなければならないのなら、どのくらいの期間必要なのか?包茎手術後の仕事の休暇期間などについて紹介しています。
包茎手術の翌日の状態
包茎手術は軽度のものではありますが、手術です。メスを入れることとなるので、体に悪影響が出ることも珍しくはありません。
包茎手術の仕上がりとは?
包茎手術では、仕上がりについて重視する傾向が美容クリニックではあります。ただ包茎を治すだけではなく、いかに綺麗に、実用的にするかといった面も重要視されているのです。
包茎手術で入院する
包茎手術は多くの場合、日帰りとなります。施術にかかる時間がそう長くはなく、全身麻酔を使うことは稀なので、基本的には日帰りと考えて良いでしょう。
包茎手術後の包帯の巻き方
包茎手術が終わった後は、クリニックで止血などのためにしっかりと陰茎をぐるりと粘着式の包帯で巻かれることが多いようです。