ペリカン変形の原因や対策法【包茎手術最強の弊害】

包茎手術をした後、ペリカン変形という症状が見られることがあります。ペリカン変形の原因はなんなのか、対策法としてはどんなことが考えられるのか、包茎手術を考えている男性はしっかり知識を身に付けておきましょう。

 

ペリカン変形の原因

 

ペリカン変形は、包茎手術をした後にペニスの形が変形してしまう症状を言います。ペニスが歪んだような状態になり、その形がペリカンの口に似ていることからこういう名前が付いています。

 

要はペニスが腫れた状態で、症状が出てもしばらくして治まることもあれば、一向に治まらないケースもあります。いずれにしても見た目が非常に不自然で、包茎手術によるリスクの中でも最も厄介な症状です。

 

原因はリンパの流れで、包茎手術をすることでリンパの流れが悪くなり、それが原因で腫れてしまうわけです。手術そのものよりも縫合が関係しており、縫合が上手くできていないとペリカン変形になる可能性が高まります。

 

包茎手術をする時は技術力の高い医師に執刀してもらうことがおすすめされますが、ペリカン変形を防ぐためにも重要なことなのです。

 

ペリカン変形の対策法

 

包茎手術を受け、その後にペリカン変形の症状が見られる場合はあらためてクリニックで診察を受けるのが適切な対策です。

 

医師が症状を確認し、必要であれば再手術などの治療を行ってくれます。そのまま様子を見ていれば自然と治まるケースもありますが、いずれにしてもまずは医師に診察してもらうことが大切です。

 

また、ペリカン変形を避けるために包茎手術を受ける時はできるだけ優れた医師に担当してもらいましょう。過去の実績やクリニックの人気などを調べ、信頼して任せられる医師を見つけることがポイントです。そして診察後はしっかり医師と話し合い、納得したうえで手術を受けるようにしましょう。

 

包茎手術をして包茎を治療しても、ペリカン変形になってしまうととても面倒です。見た目も悪く人に見せられない状態になってしまうので、しっかりした対策が求められます。


【注意】包茎手術の費用でトラブルにならない為の5つの心得!

ペリカン変形の原因や対策法【包茎手術最強の弊害】関連ページ

包茎手術後の性行為(セックス)はいつからOK?
包茎手術後に性行為がしたくても直ぐには出来ません。包茎手術を受けた後にセックス出来るまでの期間やその期間中の注意点などについてご紹介したいと思います。
包茎手術後の仕事はいつから復帰できる?
包茎手術を受けた後は仕事に出社できないのか?仕事を休まなければならないのなら、どのくらいの期間必要なのか?包茎手術後の仕事の休暇期間などについて紹介しています。
包茎手術の翌日の状態
包茎手術は軽度のものではありますが、手術です。メスを入れることとなるので、体に悪影響が出ることも珍しくはありません。
包茎手術を受けてから1か月後
包茎手術を行った場合、1か月後という時期は区切りとなるでしょう。包茎手術の傷が目立たなくなってくる方もいらっしゃるかと思われます。
包茎手術の仕上がりとは?
包茎手術では、仕上がりについて重視する傾向が美容クリニックではあります。ただ包茎を治すだけではなく、いかに綺麗に、実用的にするかといった面も重要視されているのです。
包茎手術で入院する
包茎手術は多くの場合、日帰りとなります。施術にかかる時間がそう長くはなく、全身麻酔を使うことは稀なので、基本的には日帰りと考えて良いでしょう。
包茎手術後の包帯の巻き方
包茎手術が終わった後は、クリニックで止血などのためにしっかりと陰茎をぐるりと粘着式の包帯で巻かれることが多いようです。