包茎手術の仕上がりとは?

包茎手術では、仕上がりについて重視する傾向が美容クリニックではあります。ただ包茎を治すだけではなく、いかに綺麗に、実用的にするかといった面も重要視されているのです。

 

これは美容クリニック独自のものとなっています。従って、病院で包茎手術を受ける場合は仕上がりといった面は重視されないでしょう。

 

病院で行うものは治療であり、包茎を治すということを最優先します。傷が残らないように配慮するところもあるでしょうが、仕上がりの優先度は高くありません

 

仕上がりという言葉ではイメージしにくいかもしれませんが、包茎手術を受けたと分からないような自然さ、と言い換えることもできます。

 

包茎を治す場合には傷跡が残ることも珍しくはなく、また多くの場合に皮を切るということを行うので部位によって色が変わってしまうこともあるのです。

 

多くの方は包茎を治したいから手術を受けるのですが、傷や色によって他人に手術の事実が分かってしまっては困るということもあるでしょう。

 

そのようなことのないように、多くの美容クリニックでは仕上がりを重視しており、腕の良いところだと手術を行ったことが分からないこともあります。この説明だけだと、美容クリニックの方が優れていると感じるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

 

傷を隠す、色ムラを隠すといったデザインは治療目的で行われるものではないので、その分手術代は高くなります。術後の状態が予想していたものと違うということでトラブルが起きることも珍しくはないのです。


【注意】包茎手術の費用でトラブルにならない為の5つの心得!

包茎手術の仕上がりとは?関連ページ

包茎手術後の性行為(セックス)はいつからOK?
包茎手術後に性行為がしたくても直ぐには出来ません。包茎手術を受けた後にセックス出来るまでの期間やその期間中の注意点などについてご紹介したいと思います。
包茎手術後の仕事はいつから復帰できる?
包茎手術を受けた後は仕事に出社できないのか?仕事を休まなければならないのなら、どのくらいの期間必要なのか?包茎手術後の仕事の休暇期間などについて紹介しています。
包茎手術の翌日の状態
包茎手術は軽度のものではありますが、手術です。メスを入れることとなるので、体に悪影響が出ることも珍しくはありません。
包茎手術を受けてから1か月後
包茎手術を行った場合、1か月後という時期は区切りとなるでしょう。包茎手術の傷が目立たなくなってくる方もいらっしゃるかと思われます。
包茎手術で入院する
包茎手術は多くの場合、日帰りとなります。施術にかかる時間がそう長くはなく、全身麻酔を使うことは稀なので、基本的には日帰りと考えて良いでしょう。
包茎手術後の包帯の巻き方
包茎手術が終わった後は、クリニックで止血などのためにしっかりと陰茎をぐるりと粘着式の包帯で巻かれることが多いようです。
ペリカン変形の原因や対策法【包茎手術最強の弊害】
包茎手術をした後、ペリカン変形という症状が見られることがあります。ペリカン変形の原因はなんなのか、対策法としてはどんなことが考えられるのか、包茎手術を考えている男性はしっかり知識を身に付けておきましょう。