包茎手術の方法や特徴記事一覧

 

包茎とは皮が余った状態を言います。なので、手術の際には余分な皮を切除する必要があります。当然、切る事になると思うのですが…。状態によっては切らなくても包茎を解消出来る事があるのです。それは短くて皮を被っている状態の包茎です。短いというのは陰茎、つまりペニスの事ですね。ペニスを長くして挙げる事で相対的に皮から亀頭が出るようになり、仮性包茎の状態が解消されるというわけです。包茎クリニックなので「切らな...

 
 

包茎手術の手術法において、クランプが開発されたことは大きかったそうです。医師の技術力に大きく左右されない、画一的な手術法であるためです。クランプという器具をペニスに設置し、あとは使用用途の通りにするだけで皮を切除してくれるからです。手術の時間も短くて済みますし、出血も少ないのもメリットと言えるでしょう。ただ、このクランプ法にも良いことばかりではなくデメリットが存在しています。それは切除面が亀頭直下...

 
 

包茎手術では裏筋温存と呼ばれる処置を行うこともあります。病院では行っておらず、美容クリニック独自のサービスです。裏筋という部位について、名前は聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか。陰茎小帯が裏筋の正式な呼び方であり、性感帯として知られています。性感帯を感じる部位の代表的な存在であるため、近年ではメスを入れないようにすることも珍しくはありません。裏筋を残して、性感帯を保ったまま包茎手術...

 
 

包茎手術では、他の手術と同じく傷口の縫合に糸が使われます。そして、その際にどのような糸を使うか、選択することもあるでしょう。包茎手術で使われる糸は大きく分けて二種類です。最もスタンダードなのがナイロン糸となります。手術の縫合でまずイメージする、昔から使われているものと考えて良いでしょう。そしてもう一つは、体に吸収されるタイプの糸です。文字通り、手術が終わってしまえば自然となくなるので、抜糸の必要が...

 
 

包皮内板とは、勃起していない平常時に内側に隠れている包皮のことを指します。真性包茎の場合、その内板が癒着してしまっている状態の場合も多いです。そのケースだと癒着を剥がす手術が必要となります。通常の包茎手術の場合だと亀頭の出口になる部分を輪っか上に切るだけでいいので簡単ですが、癒着があればそれだけでは露出できません。そのため、内板を剥がす手術が必要になりますが、細かい手術になるので費用も割増になりま...

 
 

手術を経験したことがあるなら、剃毛の経験もあるのではないでしょうか。手術では毛を剃ることが良くありますが、包茎手術の場合は必ずしも剃毛するとは限らないようです。メスを入れる箇所は、陰毛が生えている箇所よりだいぶ上なので、毛の処理を行わなくても問題ない場合が多くあります。しかし、あくまで処理をする必要がないというだけであって、必ず処理をしないとは限りません。病院やクリニックによって対応は異なります。...

 
 

包茎手術を行いたいと思われる場合、何らかの理由が存在するはずです。まず考えられるのは、包茎を馬鹿にされたというケースではないでしょうか。馬鹿にする相手というのは、男性、女性共に考えられます。男性の場合は銭湯に行った時に包茎であることを馬鹿にされた、あるいはご自身で周囲と比べてしまい劣等感を持ったというケースが多いのではないでしょうか。相手が女性の場合は、セックスの際に馬鹿にされる、馬鹿にされてるよ...

 
 

包茎手術で保険が適用されるのか、されないのかは重要な点です。お金がかかりやすいポイントなので、できるだけ安く抑えたいと望んでいる方も多いのではないでしょうか?まず、包茎の状態が重要なポイントです。仮性包茎と言われている、勃起時には皮が剥ける方は基本的に保険を適用の上で治療を受けることは出来ません。何故なら、勃起自体に問題が起こっているわけではないからです。つまり、どうしても治療を行わないといけない...

 
 

包茎手術を行う場合、痛みは避けて通ることはできません。もちろん、手術なのですから麻酔は使います。そのため、手術中に痛みを感じることは少ないでしょう。基本的に、手術中は何かされていることは分かるようですが、大きな痛みはないようです。厳密には麻酔をかけられる時に痛みはありますが、手術中は痛さをほとんど感じないと考えても良いでしょう。しかし、無痛なのは麻酔をかけられているからであり、当然ですが麻酔が切れ...

 
 

早漏に悩んでいるという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。では、何故早漏というものが発生してしまうか、原因は刺激だと考えていらっしゃる方も多いかと思われます。確かに刺激が原因のように考えてしまいがちですが、実は刺激が原因である早漏はあまり多くはありません。多くの場合は心因性とされています。つまり、セックスの最中に射精してはいけないという感情が出てくるので、そのことにより逆に射精が早まってしま...

 
 

包茎手術は簡単な手術と考えがちですが、陰茎にメスを入れるので軽く考えてはいけません。手術にはある程度のリスクがあるので、必ずそのリスクも理解しておきましょう。包茎手術の際に特に気を付けておきたいのが、「ワーファリン(ワルファリン)」という薬です。ワーファリンは、一般的に「抗血栓薬」と呼ばれるもので、血管内で血栓が生じるのを防ぎます。.心筋梗塞や脳卒中の治療に用いられますし、心臓の手術後などにも用い...

 
 

病院で包茎を治す場合は、手術が一般的です。手術の方法は1つではなくいくつかの種類があるのですが、どんな種類があるのかを把握し、クリニック選びの参考にしましょう。亀頭直下埋没法現在もっとも主流になっている方法で、多くのクリニックで採用されています。文字通り亀頭直下、つまりカリのすぐ下の部分で余分な皮を切除し、その部分で縫合も行うため傷跡が目立ちにくいのが特徴です。せっかく包茎が治っても傷跡が目立って...

 
 

包茎治療にはナチュラルピーリングや背面切開術、根部縫合手術といった方法があります。どんなやり方で、どんなメリットやデメリットがあるのか、自分に合った治療法を見つけるためにも必要な知識になってきます。それぞれの治療のやり方まずナチュラルピーリングですが、メスを使わない方法です。皮を剥いた状態でそのまま縫合し、剥けた状態をキープするというのが基本的な仕組みで、この状態をキープすることで剥けたまま癖が付...

 
 

包茎手術の際に使われる「糸」には名称や種類があり、メリットとデメリットも違います。包茎治療を考える時、あまり糸のことは気にしないかもしれませんが、名称や種類、メリットとデメリットについては抑えておきましょう。包茎手術で使われる糸の名称と種類包茎手術の中でも皮を切除するタイプの手術では、手術後に縫合するため糸を使います。この縫合糸には大きく分けて2つの種類があり、名称も違います。1つはナイロン糸、も...

 
 

包茎手術の方法には、よく採用される方法として環状切開術と亀頭直下埋没法の2つがあります。どちらも手術を受けることで包茎の治療ができるのは同じですが、その治療のための具体的な方法が違います。包茎治療を行いたい場合、どんな手術で治療するかも大切なポイントになるわけですが、この2つの違いはなんなのでしょう。また、それぞれの方法のメリットとデメリットについても比較し、各治療法について詳しく把握しておきまし...