包茎手術の内板剥離とは?

真性包茎

包皮内板とは、勃起していない平常時に内側に隠れている包皮のことを指します。真性包茎の場合、その内板が癒着してしまっている状態の場合も多いです。そのケースだと癒着を剥がす手術が必要となります。

 

通常の包茎手術の場合だと亀頭の出口になる部分を輪っか上に切るだけでいいので簡単ですが、癒着があればそれだけでは露出できません。

 

そのため、内板を剥がす手術が必要になりますが、細かい手術になるので費用も割増になります。クリニックによって内板剥離の費用は異なります。

 

内板は外板に比べるととても薄く、外的刺激にも弱いです。そのため手術によって露出してしまうと早漏の原因になることもあります。また、外板と内板の色が違うためツートンカラーになり、いかにも包茎手術を受けたという不自然な状態になることもあります。

 

内板を剥がして切除する手術を内板剥離といい、別料金が発生します。内板剥離だけで3万円から4万円掛かることが多いです。

 

しかし、だからといって内板を全部切除してしまうと、性感に影響する可能性があります。皮を切り過ぎてしまうと突っ張りの原因にもなるので、ちょうどいい切り方が大事です。

 

陰茎の長さは個人差があるため、どのぐらい切ればいいのかはその医師の経験値にゆだねるしかありません。ここが熟練医師に任せるか、経験の浅いアルバイト医師や専門外の医師に任せるかで違いが出るところです。

 

また、内板剥離は美容形成手術の範疇になるので、健康保険が適用されません。【参考:包茎手術で保険は適用される?】通常の包茎手術の料金に上乗せされてしまうことになるため、始めに予算をちゃんと考えておかなくてはなりません。場合によっては分割での支払いも必要なので、しっかりとした資金計画を立てておきましょう。


包茎手術費用比較

包茎手術の内板剥離とは?関連ページ

切らない包茎手術って何?
切らないで包茎を手術する事は可能なのでしょうか?包茎手術と聞くと切るものだと連想してしまいますが、切らない包茎手術と言うのも存在します。
クランプ法による包茎手術のメリットデメリット
クランプと言う器具を使った包茎手術が以前は主流でした。クランプ包茎手術についてメリットデメリットを紹介したいと思います。
裏筋温存とは?
包茎手術では裏筋温存と呼ばれる処置を行うこともあります。病院では行っておらず、美容クリニック独自のサービスです。
包茎手術とナイロン糸
包茎手術では、他の手術と同じく傷口の縫合に糸が使われます。そして、その際にどのような糸を使うか、選択することもあるでしょう。
包茎手術では剃毛するのか?
手術を経験したことがあるなら、剃毛の経験もあるのではないでしょうか。手術では毛を剃ることが良くありますが、包茎手術の場合は必ずしも剃毛するとは限らないようです。
包茎手術を行う理由
包茎手術を行いたいと思われる場合、何らかの理由が存在するはずです。 まず考えられるのは、包茎を馬鹿にされたというケースではないでしょうか。
包茎手術で保険は適用される?
包茎手術で保険が適用されるのか、されないのかは重要な点です。 お金がかかりやすいポイントなので、できるだけ安く抑えたいと望んでいる方も多いのではないでしょうか。
包茎手術で発生する痛み
包茎手術を行う場合、痛みは避けて通ることはできません。もちろん、手術なのですから麻酔は使います。そのため、手術中に痛みを感じることは少ないでしょう。
包茎手術で早漏が治る?
早漏に悩んでいるという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。では、何故早漏というものが発生してしまうか、原因は刺激だと考えていらっしゃる方も多いかと思われます。
ワーファリン服用者は包茎手術には注意を!
包茎手術は簡単な手術と考えがちですが、陰茎にメスを入れるので軽く考えてはいけません。手術にはある程度のリスクがあるので、必ずそのリスクも理解しておきましょう。