包茎手術で保険は適用される?

包茎手術費の説明風景

包茎手術で保険が適用されるのか、されないのかは重要な点です。お金がかかりやすいポイントなので、できるだけ安く抑えたいと望んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

まず、包茎の状態が重要なポイントです。仮性包茎と言われている、勃起時には皮が剥ける方は基本的に保険を適用の上で治療を受けることは出来ません。

 

何故なら、勃起自体に問題が起こっているわけではないからです。つまり、どうしても治療を行わないといけないという状態ではないので、基本的に手術代は自己負担となってしまいます。

 

包茎のタイプ

【左から仮性、カントン、真性包茎】

 

仮性包茎と分類される方にも症状の重い、軽いといったものがあり、普段は皮を被っていて悩んでいるという場合でも勃起が問題なければ、治療が必要であるとは認められないでしょう。逆に治療を行わないといけない状態が、真性包茎とカントン包茎です。

 

この状態は基本的に手術で治すしか方法がありません。そのため、保険が適用される可能性が極めて高い状態と言えるでしょう。そして、包茎手術をどこで受けるかも重要なポイントです。

 

健康保険証イメージ

もし保険の適用の上で包茎手術を行いたいならば泌尿器科といった病院に行く必要があり、美容クリニックといったところでは治療費は自己負担となります。

 

美容クリニックは、治療も行っていますが、多くの場合はデザインといった治療と関係ないことも行うので、純粋な治療行為とは認められていません。そのため真性包茎やカントン包茎の場合でも自己負担となるでしょう。

保険が無いのに何故自由診療を選ぶのか?

耳打ちする男性

普通の人は料金は安ければ安いほど良いですよね?わざわざ好んで同じサービスに高いお金を払う人はお金持ちの中でもいないでしょう。であれば、包茎手術に関しても同じですね。保険が効くのであれば保険を効かせたいと思うのは当然です。

 

しかし、真性包茎やカントン包茎と診断されても泌尿器科ではなく美容外科で手術を受ける男性は少なくありません。なぜか?多い理由としては3つ挙げられます。

 

術後の仕上がり重視

美容外科は文字通り「美容」と言われるだけあって、術後の仕上がりにも力を入れています。病気を治すだけが目的であれば、術後に傷が残ったとしても何ら問題はありませんよね?傷あとがあるから衛生環境が悪くなるわけではないので…。

女性の目を気にしなくて済む

女性の目を気にして包茎を治したいと考える男性は多いです。そういう男性こそ、治療の際も女性の目は避けたいと思うものです。女医さんや女性の看護師さんに見守られながら包茎の診断や手術をするのは抵抗がある。そんな人も少なくないでしょう。

保険を使う事で包茎手術の履歴が残る

これも理由として挙げる人が多いです。健康保険を使えば履歴が残り、会社の会計課などで気づかれてしまう事があります。保険利用履歴が郵送で送られてくることもあり、家族に包茎手術の事を知られてしまう事もあります。


包茎手術費用比較

包茎手術で保険は適用される?関連ページ

切らない包茎手術って何?
切らないで包茎を手術する事は可能なのでしょうか?包茎手術と聞くと切るものだと連想してしまいますが、切らない包茎手術と言うのも存在します。
クランプ法による包茎手術のメリットデメリット
クランプと言う器具を使った包茎手術が以前は主流でした。クランプ包茎手術についてメリットデメリットを紹介したいと思います。
裏筋温存とは?
包茎手術では裏筋温存と呼ばれる処置を行うこともあります。病院では行っておらず、美容クリニック独自のサービスです。
包茎手術とナイロン糸
包茎手術では、他の手術と同じく傷口の縫合に糸が使われます。そして、その際にどのような糸を使うか、選択することもあるでしょう。
包茎手術の内板剥離とは?
包皮内板とは、勃起していない平常時に内側に隠れている包皮のことを指します。真性包茎の場合、その内板が癒着してしまっている状態の場合も多いです。
包茎手術では剃毛するのか?
手術を経験したことがあるなら、剃毛の経験もあるのではないでしょうか。手術では毛を剃ることが良くありますが、包茎手術の場合は必ずしも剃毛するとは限らないようです。
包茎手術を行う理由
包茎手術を行いたいと思われる場合、何らかの理由が存在するはずです。 まず考えられるのは、包茎を馬鹿にされたというケースではないでしょうか。
包茎手術で発生する痛み
包茎手術を行う場合、痛みは避けて通ることはできません。もちろん、手術なのですから麻酔は使います。そのため、手術中に痛みを感じることは少ないでしょう。
包茎手術で早漏が治る?
早漏に悩んでいるという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。では、何故早漏というものが発生してしまうか、原因は刺激だと考えていらっしゃる方も多いかと思われます。
ワーファリン服用者は包茎手術には注意を!
包茎手術は簡単な手術と考えがちですが、陰茎にメスを入れるので軽く考えてはいけません。手術にはある程度のリスクがあるので、必ずそのリスクも理解しておきましょう。