包茎手術の環状切開術と亀頭直下埋没法の違い【メリットデメリット】

包茎手術の方法には、よく採用される方法として環状切開術亀頭直下埋没法の2つがあります。どちらも手術を受けることで包茎の治療ができるのは同じですが、その治療のための具体的な方法が違います。

 

包茎治療を行いたい場合、どんな手術で治療するかも大切なポイントになるわけですが、この2つの違いはなんなのでしょう。また、それぞれの方法のメリットとデメリットについても比較し、各治療法について詳しく把握しておきましょう。

 

環状切開術とは?

 

環状切開術は現在、包茎の治療法としてもっとも一般的な方法です。そのため多くのクリニックでも採用している方法で、包茎手術と言えば環状切開術と言ってもいいくらいです。その方法も非常にシンプルで、余分な皮を切除し縫合するだけです。

 

余分な皮だけを切除する方法なので感度の低下といったトラブルも起こりにくく、シンプルな方法のため手術自体も短時間で終わります。治療を受ける私達からすれば負担も軽くなりますし、定番の方法だけあって非常に優れた方法であることがわかります。

 

多くのクリニックでこの方法を採用していますから治療も受けやすく、包茎治療を考える時は環状切開術による治療は有力な候補になるでしょう。

 

環状切開術のメリット

 

包茎手術の中には余分な皮に加え、ペニスのいわゆる「裏スジ」と呼ばれる部分も切開することがあります。正確には包皮内板と呼ばれる部分を切除するかがポイントで、この包皮内板を切除することでペニスの感度が低下してしまうリスクが生まれます。

 

この場合、せっかく包茎が治っても性行為の時などに十分な快感を得られなくなってしまう可能性があります。

 

しかし環状切開術ではこの包皮内板を切除せず、あくまでも余分な皮だけを切除していきますので、こうしたリスクの心配がありません。手術そのものも短時間で終わる比較的簡単なものですから、十分なスキルを持った医師であれば失敗のリスクも最小限に抑えられます。

 

もちろん手術である以上、失敗のリスクはどうしても付きまとうものですが、その可能性を減らせるのは大きなメリットになります。また、現在の環状切開術は基本的に吸収糸という糸を使って縫合します。

 

この糸は文字通り体内で自然に吸収される性質を持っており、これはつまり抜糸の必要がないということです。手術後、通院して抜糸をする必要がないので抜糸の際の痛みもなく、患者としてもメリットの多い方法です。

 

環状切開術のデメリット

 

では次にデメリットを見ていきましょう。
シンプルで簡単と言われる環状切開術ではデメリットもそれほどないのですが、大きなデメリットとして見た目の問題が挙げられます。ペニスをよく見てみるとわかるのですが、ペニスの先端部分に近い皮と、根本部分に近い皮では色が違うケースがあります。

 

環状切開術の場合、ペニスのちょうどカリと呼ばれる部分の下の皮を切除し、根本の部分の皮と縫合する仕組みになっているのですが、これによってペニスの見た目が大きく変化してしまう可能性があります。

 

俗にツートンカラーと呼ばれているのですが、先端部分の皮と根本部分の皮を縫合することで見た目が悪くなってしまうのです。個人差はありますが、根元部分の皮は黒ずんでいることが多いため、ペニスの途中から急に皮が黒くなり目立つわけです。

 

包茎を治療するという意味では優れた方法なのですが、仕上がり、見た目の問題についてはあまり考慮されていない方法なわけです。環状切開術の性質上、このツートンカラーを防ぐことは難しく、人によっては仕上がりに大きな不満を抱く方もいます。

 

事前に医師とよく相談し、ツートンカラーのデメリットについても把握しておきましょう。そのうえで環状切開術を選ぶべきかどうかを考える必要があります。

 

亀頭直下埋没法とは?

 

亀頭直下埋没法は基本的に環状切開術とほぼ同じ手術法です。カリの下部分にある余分な皮を切除し、縫合することで包茎を治療することになります。大きな違いはその手術名にもなっているように、亀頭直下で埋没させるという点です。

 

いったい何を埋没させるのか、それは縫合部分です。環状切開術では縫合部分が目立ってしまうことでツートンカラーが目立つという問題がありましたが、こちらの方法では亀頭直下、つまり亀頭のすぐ下で縫合します。

 

そのため縫合部分がカリに隠れて見えにくくなり、たとえツートンカラーになってしまったとしてもそれが目立たないのです。この点が環状切開術と大きく異なる点で、今では環状切開術よりも人気のある方法となっています。

 

包茎を機能面で治療するだけでなく、見た目の問題も克服できる方法ですから当然と言えば当然ですが、患者にとっても非常にありがたい方法です。

 

亀頭直下埋没法のメリット

 

最大のメリットは上記でも触れたように手術跡が目立たないことです。環状切開術などで見られるツートンカラーが目立ってしまうと、見られた時に包茎手術をしたことがすぐにわかってしまいます。

 

包茎手術をしたことを隠しておきたい方も多いですから、これは包茎手術の大きな問題になっていました。しかし、亀頭直下埋没法で治療することでこの最大の問題を克服でき、見た目にも綺麗な状態を維持しながら包茎を治療できるようになりました

 

手術の仕組みとしては従来からあった環状切開術とほぼ同じですから、医師としても新たな技術を習得する必要がなく、患者にとってもメリットがあるので多くのクリニックで採用しています。

 

つまり、お住いの地域などに関わらず、誰でも受けやすい治療法でもあるのです。これも大きなメリットの1つで、誰でも一定の質の治療を受けられることになります。医師も慣れている手術のため失敗のリスクが抑えられ、安心して手術を受けられるでしょう。

 

亀頭直下埋没法のデメリット

 

環状切開術のデメリットをなくした亀頭直下埋没法、デメリットもなさそうに思えますがどうなのでしょう。亀頭直下埋没法の代表的なデメリット、それは費用になります。手術跡が目立たないようにできる反面、環状切開術と比較すると費用が高額になりがちです。

 

もちろん費用は各クリニックによっても違うため、一概には言えないのですが、それでも環状切開術よりは高い費用になるのが一般的です。予算の問題から亀頭直下埋没法を選びたいが選べない、というケースも出てくるかもしれません。

 

また、失敗の可能性が低いとはいえ0ではありません。どんな手術でもそうですが、手術をする以上失敗のリスクは少なからずあり、これがデメリットにもなります。せっかく包茎治療をしようと思ったのに、手術の失敗によって後悔することもあり得るのです。

 

失敗のリスクを少しでも減らすためにも、事前にしっかり診察をしてもらい、医師とよく話し合ったうえで手術を決断しましょう。医師とのコミュニケーション不足は思わぬトラブルの原因にもなりますから、信頼関係を構築しておくことは大切です。

 

このように、環状切開術と亀頭直下埋没法は似ている手術ではありますが、違いもあります。違いがあることでメリットとデメリットも変わってきますので、それぞれの特徴をしっかり把握し、自分に最適な方法を選べるようになりましょう。

 

そうすれば安心して手術を受けることができ、悩みであった包茎も改善を目指せます。包茎は男性にとって大きな悩みになりますから、正しい治療法を知って悩みの解消につなげることが大切です。


【注意】包茎手術の費用でトラブルにならない為の5つの心得!

包茎手術の環状切開術と亀頭直下埋没法の違い【メリットデメリット】関連ページ

切らない包茎手術って何?
切らないで包茎を手術する事は可能なのでしょうか?包茎手術と聞くと切るものだと連想してしまいますが、切らない包茎手術と言うのも存在します。
クランプ法による包茎手術のメリットデメリット
クランプと言う器具を使った包茎手術が以前は主流でした。クランプ包茎手術についてメリットデメリットを紹介したいと思います。
裏筋温存とは?
包茎手術では裏筋温存と呼ばれる処置を行うこともあります。病院では行っておらず、美容クリニック独自のサービスです。
包茎手術とナイロン糸
包茎手術では、他の手術と同じく傷口の縫合に糸が使われます。そして、その際にどのような糸を使うか、選択することもあるでしょう。
包茎手術の内板剥離とは?
包皮内板とは、勃起していない平常時に内側に隠れている包皮のことを指します。真性包茎の場合、その内板が癒着してしまっている状態の場合も多いです。
包茎手術では剃毛するのか?
手術を経験したことがあるなら、剃毛の経験もあるのではないでしょうか。手術では毛を剃ることが良くありますが、包茎手術の場合は必ずしも剃毛するとは限らないようです。
包茎手術を行う理由
包茎手術を行いたいと思われる場合、何らかの理由が存在するはずです。 まず考えられるのは、包茎を馬鹿にされたというケースではないでしょうか。
包茎手術で保険は適用される?
包茎手術で保険が適用されるのか、されないのかは重要な点です。 お金がかかりやすいポイントなので、できるだけ安く抑えたいと望んでいる方も多いのではないでしょうか。
包茎手術で発生する痛み
包茎手術を行う場合、痛みは避けて通ることはできません。もちろん、手術なのですから麻酔は使います。そのため、手術中に痛みを感じることは少ないでしょう。
包茎手術で早漏が治る?
早漏に悩んでいるという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。では、何故早漏というものが発生してしまうか、原因は刺激だと考えていらっしゃる方も多いかと思われます。
ワーファリン服用者は包茎手術には注意を!
包茎手術は簡単な手術と考えがちですが、陰茎にメスを入れるので軽く考えてはいけません。手術にはある程度のリスクがあるので、必ずそのリスクも理解しておきましょう。
包茎を病院で治す場合の手術法の種類
病院で包茎を治す場合は、手術が一般的です。手術の方法は1つではなくいくつかの種類があるのですが、どんな種類があるのかを把握し、クリニック選びの参考にしましょう。
ナチュラルピーリング・背面切開術・根部縫合手術のやり方やメリットデメリット
包茎治療にはナチュラルピーリングや背面切開術、根部縫合手術といった方法があります。どんなやり方で、どんなメリットやデメリットがあるのか、自分に合った治療法を見つけるためにも必要な知識になってきます。
包茎手術の際に使われる糸の名称や種類、それぞれのメリットデメリットとは?
包茎手術の際に使われる糸には名称や種類があり、メリットとデメリットも違います。包茎治療を考える時、あまり糸のことは気にしないかもしれませんが、名称や種類、メリットとデメリットについては抑えておきましょう。