クランプ法による包茎手術のメリットデメリット

2人のサラリーマン男性

 

包茎手術の手術法において、クランプが開発されたことは大きかったそうです。医師の技術力に大きく左右されない、画一的な手術法であるためです。

 

クランプという器具をペニスに設置し、あとは使用用途の通りにするだけで皮を切除してくれるからです。手術の時間も短くて済みますし、出血も少ないのもメリットと言えるでしょう。

 

ただ、このクランプ法にも良いことばかりではなくデメリットが存在しています。それは切除面が亀頭直下埋没法とは違い下に下がってしまいます。

 

そして器具を使って強くプレスするため皮膚が固くなり目立ってしまうデメリットがあります。見た目を重視する男性が多い中、クランプ法による簡易的な包茎手術はデメリットだと言われる傾向にあります。

 

とは言え、現在でも一般の泌尿器科ではクランプを使った包茎手術が主流ですし、仕上がりに自信を持っているクリニック等でもクランプを独自に改良した手術法により、これらのデメリットを極限に減らした状態で施術を行っているところもあります。

 

ミスが起こり辛く技術力が乏しい医師でも簡単に治療が出来るという点では非常に優れている包茎手術法ですが、やはり同じクランプ法においても技術差が存在しているのは事実のようです。

 

安い包茎治療を謳っているところこそ、その医院の実績を十分に確認する必要があります。安いだけで手術が雑だったり稚拙だったりすると、後々再手術などが必要になり精神的にも財布的にも負担が大きくなってしまいます。

 

最後に言える事は、クランプ法を使っている医院だから遅れている駄目な医院だとは限らないという事です。既に説明しましたが、クランプ法でも改良を加えたりする事で綺麗に仕上げる事が可能な病院も存在しています。


包茎手術費用比較

クランプ法による包茎手術のメリットデメリット関連ページ

切らない包茎手術って何?
切らないで包茎を手術する事は可能なのでしょうか?包茎手術と聞くと切るものだと連想してしまいますが、切らない包茎手術と言うのも存在します。
裏筋温存とは?
包茎手術では裏筋温存と呼ばれる処置を行うこともあります。病院では行っておらず、美容クリニック独自のサービスです。
包茎手術とナイロン糸
包茎手術では、他の手術と同じく傷口の縫合に糸が使われます。そして、その際にどのような糸を使うか、選択することもあるでしょう。
包茎手術の内板剥離とは?
包皮内板とは、勃起していない平常時に内側に隠れている包皮のことを指します。真性包茎の場合、その内板が癒着してしまっている状態の場合も多いです。
包茎手術では剃毛するのか?
手術を経験したことがあるなら、剃毛の経験もあるのではないでしょうか。手術では毛を剃ることが良くありますが、包茎手術の場合は必ずしも剃毛するとは限らないようです。
包茎手術を行う理由
包茎手術を行いたいと思われる場合、何らかの理由が存在するはずです。 まず考えられるのは、包茎を馬鹿にされたというケースではないでしょうか。
包茎手術で保険は適用される?
包茎手術で保険が適用されるのか、されないのかは重要な点です。 お金がかかりやすいポイントなので、できるだけ安く抑えたいと望んでいる方も多いのではないでしょうか。
包茎手術で発生する痛み
包茎手術を行う場合、痛みは避けて通ることはできません。もちろん、手術なのですから麻酔は使います。そのため、手術中に痛みを感じることは少ないでしょう。
包茎手術で早漏が治る?
早漏に悩んでいるという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。では、何故早漏というものが発生してしまうか、原因は刺激だと考えていらっしゃる方も多いかと思われます。
ワーファリン服用者は包茎手術には注意を!
包茎手術は簡単な手術と考えがちですが、陰茎にメスを入れるので軽く考えてはいけません。手術にはある程度のリスクがあるので、必ずそのリスクも理解しておきましょう。