ナチュラルピーリング・背面切開術・根部縫合手術のやり方やメリットデメリット

包茎治療にはナチュラルピーリングや背面切開術、根部縫合手術といった方法があります。どんなやり方で、どんなメリットやデメリットがあるのか、自分に合った治療法を見つけるためにも必要な知識になってきます。

 

それぞれの治療のやり方

 

まずナチュラルピーリングですが、メスを使わない方法です。皮を剥いた状態でそのまま縫合し、剥けた状態をキープするというのが基本的な仕組みで、この状態をキープすることで剥けたまま癖が付くのが特徴です。

 

切らずに包茎治療できるため切ることに抵抗がある方や、軽度な包茎の方に適しています。背面切開術は皮を剥いて亀頭が露出した状態にし、その後に余った皮を背面で切除、縫合することで皮が剥けた状態にする方法です。

 

真性包茎、カントン包茎が対象の治療法なので仮性包茎の方はこの治療は選べません。いわゆる裏筋部分は切除しないため、感度の低下といったリスクが抑えられるのが特徴となります。

 

根部縫合手術は仮性包茎の方を対象にした治療法で、余った皮をペニスの根本部分まで持っていき、そこで切除、縫合を行います。ペニスの根本部分で切除と縫合をするため見た目の仕上がりが美しく、自然な見た目をキープできることが特徴です。

 

メリットとデメリット

 

ナチュラルピーリングの最大のメリットは、やはり皮を切らずに済むという点です。手術となるとリスクも生まれますが、切らないためリスクは最小限に抑えられると考えられます。

 

ただデメリットとして治療後しばらくすると、皮が元に戻ってしまう可能性があります。背面切開術は手術が簡単なため患者の負担が少なく、痛みも少ないのがメリットです。その代わり手術跡が目立ちやすく、見た目の面で問題が生じてしまう可能性があり、これがデメリットです。

 

根部縫合術のメリットは自然な見た目のまま包茎を治療できることでしょう。ですが仮性包茎の方限定で、真性包茎とカントン包茎の方はこの治療を選ぶことができないデメリットがあります。

 

包茎治療には色々なやり方があり、それぞれメリットとデメリットがあります。どの治療を選ぶべきなのか自分のペニスの状態を考慮しつつ、医師としっかり相談して決めましょう。


【注意】包茎手術の費用でトラブルにならない為の5つの心得!

ナチュラルピーリング・背面切開術・根部縫合手術のやり方やメリットデメリット関連ページ

切らない包茎手術って何?
切らないで包茎を手術する事は可能なのでしょうか?包茎手術と聞くと切るものだと連想してしまいますが、切らない包茎手術と言うのも存在します。
クランプ法による包茎手術のメリットデメリット
クランプと言う器具を使った包茎手術が以前は主流でした。クランプ包茎手術についてメリットデメリットを紹介したいと思います。
裏筋温存とは?
包茎手術では裏筋温存と呼ばれる処置を行うこともあります。病院では行っておらず、美容クリニック独自のサービスです。
包茎手術とナイロン糸
包茎手術では、他の手術と同じく傷口の縫合に糸が使われます。そして、その際にどのような糸を使うか、選択することもあるでしょう。
包茎手術の内板剥離とは?
包皮内板とは、勃起していない平常時に内側に隠れている包皮のことを指します。真性包茎の場合、その内板が癒着してしまっている状態の場合も多いです。
包茎手術では剃毛するのか?
手術を経験したことがあるなら、剃毛の経験もあるのではないでしょうか。手術では毛を剃ることが良くありますが、包茎手術の場合は必ずしも剃毛するとは限らないようです。
包茎手術を行う理由
包茎手術を行いたいと思われる場合、何らかの理由が存在するはずです。 まず考えられるのは、包茎を馬鹿にされたというケースではないでしょうか。
包茎手術で保険は適用される?
包茎手術で保険が適用されるのか、されないのかは重要な点です。 お金がかかりやすいポイントなので、できるだけ安く抑えたいと望んでいる方も多いのではないでしょうか。
包茎手術で発生する痛み
包茎手術を行う場合、痛みは避けて通ることはできません。もちろん、手術なのですから麻酔は使います。そのため、手術中に痛みを感じることは少ないでしょう。
包茎手術で早漏が治る?
早漏に悩んでいるという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。では、何故早漏というものが発生してしまうか、原因は刺激だと考えていらっしゃる方も多いかと思われます。
ワーファリン服用者は包茎手術には注意を!
包茎手術は簡単な手術と考えがちですが、陰茎にメスを入れるので軽く考えてはいけません。手術にはある程度のリスクがあるので、必ずそのリスクも理解しておきましょう。
包茎を病院で治す場合の手術法の種類
病院で包茎を治す場合は、手術が一般的です。手術の方法は1つではなくいくつかの種類があるのですが、どんな種類があるのかを把握し、クリニック選びの参考にしましょう。