包茎を病院で治す場合の手術法の種類

病院で包茎を治す場合は、手術が一般的です。手術の方法は1つではなくいくつかの種類があるのですが、どんな種類があるのかを把握し、クリニック選びの参考にしましょう。

 

亀頭直下埋没法

 

現在もっとも主流になっている方法で、多くのクリニックで採用されています。文字通り亀頭直下、つまりカリのすぐ下の部分で余分な皮を切除し、その部分で縫合も行うため傷跡が目立ちにくいのが特徴です。

 

せっかく包茎が治っても傷跡が目立ってしまうと、見た目の悪さが残ってしまいますから、とても優れた方法となっています。

 

主流な方法なので医師の経験も豊富なことが多く、その意味でも比較的安心して、手術を受けられる方法と言えるかもしれません。包茎手術を受ける場合、とりあえずはこの方法での治療をイメージしておくといいでしょうか。

 

それくらい多くのクリニックで採用されていて、包茎手術と言えば亀頭直下埋没法という状態になっています。

 

環状切除術

 

亀頭直下埋没法が登場するまではもっとも主流な方法でした。亀頭直下埋没法と同じようにカリの下の部分で環状に余分な皮を切除し縫合していきます

 

違いとしては傷跡の目立ちにくさで、環状切除術の方が若干ですが傷跡が目立ちやすい傾向が見られます。

 

とはいえ包茎を治療するという観点からは優れた方法で、今でも採用しているクリニックも数多くあります。

 

独自の方法を採用しているクリニックもありますが、基本的には亀頭直下埋没法か環状切除術のどちらかの方法で治療するケースが多いでしょう

 

いずれにしても傷跡が残る可能性がありますから仕上がりまでしっかりこだわってくれるクリニックを見つけることも大切です。

 

現在主流となっている2つの方法を紹介しました。クリニックによって手術の方法は違いますからまずはメール相談やカウンセリングを利用して、どんな治療法を採用しているのかを確認しておくのもおすすめです。そうすれば理想の治療を受けられるようになるでしょう。


【注意】包茎手術の費用でトラブルにならない為の5つの心得!

包茎を病院で治す場合の手術法の種類関連ページ

切らない包茎手術って何?
切らないで包茎を手術する事は可能なのでしょうか?包茎手術と聞くと切るものだと連想してしまいますが、切らない包茎手術と言うのも存在します。
クランプ法による包茎手術のメリットデメリット
クランプと言う器具を使った包茎手術が以前は主流でした。クランプ包茎手術についてメリットデメリットを紹介したいと思います。
裏筋温存とは?
包茎手術では裏筋温存と呼ばれる処置を行うこともあります。病院では行っておらず、美容クリニック独自のサービスです。
包茎手術とナイロン糸
包茎手術では、他の手術と同じく傷口の縫合に糸が使われます。そして、その際にどのような糸を使うか、選択することもあるでしょう。
包茎手術の内板剥離とは?
包皮内板とは、勃起していない平常時に内側に隠れている包皮のことを指します。真性包茎の場合、その内板が癒着してしまっている状態の場合も多いです。
包茎手術では剃毛するのか?
手術を経験したことがあるなら、剃毛の経験もあるのではないでしょうか。手術では毛を剃ることが良くありますが、包茎手術の場合は必ずしも剃毛するとは限らないようです。
包茎手術を行う理由
包茎手術を行いたいと思われる場合、何らかの理由が存在するはずです。 まず考えられるのは、包茎を馬鹿にされたというケースではないでしょうか。
包茎手術で保険は適用される?
包茎手術で保険が適用されるのか、されないのかは重要な点です。 お金がかかりやすいポイントなので、できるだけ安く抑えたいと望んでいる方も多いのではないでしょうか。
包茎手術で発生する痛み
包茎手術を行う場合、痛みは避けて通ることはできません。もちろん、手術なのですから麻酔は使います。そのため、手術中に痛みを感じることは少ないでしょう。
包茎手術で早漏が治る?
早漏に悩んでいるという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。では、何故早漏というものが発生してしまうか、原因は刺激だと考えていらっしゃる方も多いかと思われます。
ワーファリン服用者は包茎手術には注意を!
包茎手術は簡単な手術と考えがちですが、陰茎にメスを入れるので軽く考えてはいけません。手術にはある程度のリスクがあるので、必ずそのリスクも理解しておきましょう。
ナチュラルピーリング・背面切開術・根部縫合手術のやり方やメリットデメリット
包茎治療にはナチュラルピーリングや背面切開術、根部縫合手術といった方法があります。どんなやり方で、どんなメリットやデメリットがあるのか、自分に合った治療法を見つけるためにも必要な知識になってきます。