ワーファリン服用者は包茎手術には注意を!

包茎手術は簡単な手術と考えがちですが、陰茎にメスを入れるので軽く考えてはいけません。手術にはある程度のリスクがあるので、必ずそのリスクも理解しておきましょう。

 

包茎手術の際に特に気を付けておきたいのが、「ワーファリン(ワルファリン)」という薬です。ワーファリンは、一般的に「抗血栓薬」と呼ばれるもので、血管内で血栓が生じるのを防ぎます。.

 

心筋梗塞や脳卒中の治療に用いられますし、心臓の手術後などにも用いられることがあります。

 

また、ワーファリンは不整脈の一種である心房細動による脳卒中を防ぐ効果が高いとされており、心房細動を起こしたことのある人が多く服用しています。

 

基本的には高齢者が服用することが多い薬ですが、現在は若くして生活習慣病にかかる人や肥満傾向の人も増え、服用者の年代も広くなっているので注意しましょう。

 

この薬を投与している人は、血が止まりにくくなってしまうため、出血を伴う手術等は禁忌とされます

 

包茎手術は安全性が高い手術ですが、出血を伴う手術のため、ワーファリンを投与中の人は原則として手術ができません。

 

ワーファリンの投与中に手術をしてしまうと、術中に出血が止まらなくなったり、術後の内出血のリスクが高まってしまうので服用者は決して手術をしてはいけません。

 

また、手術に影響を与える薬剤はこれだけではないので、服用中・投与中の薬がある人は、事前に手術可能か否か医師と相談するようにしましょう。


【注意】包茎手術の費用でトラブルにならない為の5つの心得!

ワーファリン服用者は包茎手術には注意を!関連ページ

切らない包茎手術って何?
切らないで包茎を手術する事は可能なのでしょうか?包茎手術と聞くと切るものだと連想してしまいますが、切らない包茎手術と言うのも存在します。
クランプ法による包茎手術のメリットデメリット
クランプと言う器具を使った包茎手術が以前は主流でした。クランプ包茎手術についてメリットデメリットを紹介したいと思います。
裏筋温存とは?
包茎手術では裏筋温存と呼ばれる処置を行うこともあります。病院では行っておらず、美容クリニック独自のサービスです。
包茎手術とナイロン糸
包茎手術では、他の手術と同じく傷口の縫合に糸が使われます。そして、その際にどのような糸を使うか、選択することもあるでしょう。
包茎手術の内板剥離とは?
包皮内板とは、勃起していない平常時に内側に隠れている包皮のことを指します。真性包茎の場合、その内板が癒着してしまっている状態の場合も多いです。
包茎手術では剃毛するのか?
手術を経験したことがあるなら、剃毛の経験もあるのではないでしょうか。手術では毛を剃ることが良くありますが、包茎手術の場合は必ずしも剃毛するとは限らないようです。
包茎手術を行う理由
包茎手術を行いたいと思われる場合、何らかの理由が存在するはずです。 まず考えられるのは、包茎を馬鹿にされたというケースではないでしょうか。
包茎手術で保険は適用される?
包茎手術で保険が適用されるのか、されないのかは重要な点です。 お金がかかりやすいポイントなので、できるだけ安く抑えたいと望んでいる方も多いのではないでしょうか。
包茎手術で発生する痛み
包茎手術を行う場合、痛みは避けて通ることはできません。もちろん、手術なのですから麻酔は使います。そのため、手術中に痛みを感じることは少ないでしょう。
包茎手術で早漏が治る?
早漏に悩んでいるという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。では、何故早漏というものが発生してしまうか、原因は刺激だと考えていらっしゃる方も多いかと思われます。
包茎を病院で治す場合の手術法の種類
病院で包茎を治す場合は、手術が一般的です。手術の方法は1つではなくいくつかの種類があるのですが、どんな種類があるのかを把握し、クリニック選びの参考にしましょう。
ナチュラルピーリング・背面切開術・根部縫合手術のやり方やメリットデメリット
包茎治療にはナチュラルピーリングや背面切開術、根部縫合手術といった方法があります。どんなやり方で、どんなメリットやデメリットがあるのか、自分に合った治療法を見つけるためにも必要な知識になってきます。
包茎手術の際に使われる糸の名称や種類、それぞれのメリットデメリットとは?
包茎手術の際に使われる糸には名称や種類があり、メリットとデメリットも違います。包茎治療を考える時、あまり糸のことは気にしないかもしれませんが、名称や種類、メリットとデメリットについては抑えておきましょう。
包茎手術の環状切開術と亀頭直下埋没法の違い【メリットデメリット】
包茎手術の方法には、よく採用される方法として環状切開術と亀頭直下埋没法の2つがあります。 どちらも手術を受けることで包茎の治療ができるのは同じですが、その治療のための具体的な方法が違います。