絆創膏が包茎矯正グッズになる?手軽に試せる方法

包茎矯正グッズは、自分で剥いてもすぐに元通りの包茎状態に戻るデメリットを解消できる素晴らしいアイテムですが、絆創膏でも手軽に試せるようです。絆創膏なら特別な器具を買う必要もなく便利なのですが、どのように使用するのでしょう。

 

包皮を剥いた状態をキープする

 

絆創膏が包茎矯正グッズになるのは、包皮を剥いた状態のままキープできるからで、グッズを用意することなく治療が可能です。理屈は包茎矯正グッズと同じで、剥け癖をつける方法になり、皮を剥いた状態のペニスに絆創膏を貼り付けて固定します

 

要するに、皮を剥いた状態にしてそのまま絆創膏で固定し、強制的に皮が戻らないようにするわけです。具体的には、皮を剥けている状態にして、膨張分の余裕を見ながら絆創膏を貼ると良く、勃起で痛みが出ないよう、きつすぎず緩すぎずのベストの場所を自分で見つけます。最初は絆創膏を取るとすぐに戻りますが、2ヶ月くらい根気よく続けると改善可能です。

 

お金をかけずに簡単に治療が可能

 

包茎矯正グッズの代わりに絆創膏を用いる方法は、手軽でお金をかけずに包茎を治療できるのでオススメできます。入浴時以外、常に絆創膏を貼り付けて剥けた状態をキープし、癖がつくまで繰り返すだけで包茎グッズと同じような効果が得られます。

 

貼り付けるだけなので誰でも気軽に試すことができ、剥けている状態が持続できるので得られる効果は高いです。最近は絆創膏も色々な種類の物が販売されているので、色々試してみて自分にしっくりくるベストな絆創膏を見つけましょう。費用をかけずに誰でもすることができ、この方法なら今すぐ始められるので試してみる価値はありますよ。

 

通気性の良い絆創膏を使用する

 

絆創膏で包茎を矯正する方法は、グッズを用意する必要がなく、包茎矯正グッズと同じ方法で試せるので手軽で良いのですが、全く同じ効果を得られると言えばそうはいきません。剥き癖をつけるために専用に開発された包茎矯正グッズと比べると、効果面ではやはり劣ります。

 

また、絆創膏の場合、粘着部分でかぶれて荒れる恐れがあるので、皮膚が弱い人は注意が必要です。常時使用していると患部が蒸れて不衛生になることもあり、痒くてただれてしまうこともあります。絆創膏を包茎治療に使用する時は、通気性の良い物を選ぶようにしましょう。

 

包茎矯正グッズを使わずに絆創膏を用いて改善する方法があり、皮を固定して剥け癖をつける方法なので誰でも簡単にできます。ただし、絆創膏は蒸れやすく、粘着部分でかぶれて肌が荒れる危険性があるで、通気性の良い物を選ぶようにしましょう。


包茎手術費用比較

絆創膏が包茎矯正グッズになる?手軽に試せる方法関連ページ

病院に行くよりも包茎矯正グッズが良い?主なメリットとは?
包茎の治療を試みる場合、通常は病院に行って手術を受けるのが普通で、実際、多くの人が病院や包茎治療専門のクリニックを利用しています。
埋没包茎に効果が期待できる包茎矯正グッズの選び方
一口に包茎と言っても色々な種類があり、中年男性に多いのが、突き出たお腹のせいで体の中にペニスが埋まってしまう埋没包茎です。
包茎矯正グッズは危険なの?注意したいポイント
包茎矯正グッズは、手術する必要がなく、自宅で気軽に改善することができるので、包茎に悩む男子から人気があります。