包茎を自力で治す方法5選

包茎はクリニックで手術を受けなくとも、自力で治せる可能性もあります。それではどんな方法が自分でできる治療法なのでしょう。これがわかればまずは自力での改善を目指すことも可能になります。

 

矯正器具を使う

 

包茎を矯正するための専用器具が販売されています。効果が必ず出るとは限らず、あくまでも包茎が治るかもしれないという程度ではありますが、自力で治す方法としては一般的です。

 

器具によって皮を剥き、その状態をキープできるもので最終的には器具無しで剥けた状態を維持できる仕組みです。

 

矯正下着を使う

 

矯正器具に似ているのですが、特殊な下着を着用することで皮が剥けた状態になるグッズです。下着を着用するだけでいいので手軽で、それでいて包茎の治療効果も期待できます。

 

見た目にも矯正していることがわかりにくく、そこが矯正器具との大きな違いでしょう。

 

ペニス増大サプリを活用

 

ペニスのサイズアップが目指せるサプリもあります。主に血行を良くするなどの効果が期待でき、ペニスがサイズアップすれば皮も自然と剥けるという考え方にもとづいています。サプリを飲むだけなのでもっとも手軽な方法になります。

 

自分で皮を剥いていく

 

非常に原始的ではありますが、毎日自分で皮を剥き、剥けた状態が普通の状態になるようにしていきます。

 

たとえば毎日の入浴時などに自分で皮を剥き、入浴の間はその状態をキープするといった具合です。軽度の仮性包茎なら治るかもしれません。

 

剥いた状態で癖を付ける

 

とにかくできるだけ皮を剥き、剥いた状態で癖が付くようにします。うまく癖さえ付いてくれれば剥けた状態、つまり包茎が改善された状態になるわけです。

 

とはいえ癖が付くとは限りませんし、あくまでもこうした方法もある程度で考えるのがいいでしょうか。

 

包茎は手術で治療するのがベターですが、どうしても手術を受けたくない、まずは自力で対応してみたい、そんな方はこうした方法を試してみるといいでしょう。人によっては切らずに包茎を治せるかもしれません。


【注意】包茎手術の費用でトラブルにならない為の5つの心得!

包茎を自力で治す方法5選関連ページ

病院に行くよりも包茎矯正グッズが良い?主なメリットとは?
包茎の治療を試みる場合、通常は病院に行って手術を受けるのが普通で、実際、多くの人が病院や包茎治療専門のクリニックを利用しています。
埋没包茎に効果が期待できる包茎矯正グッズの選び方
一口に包茎と言っても色々な種類があり、中年男性に多いのが、突き出たお腹のせいで体の中にペニスが埋まってしまう埋没包茎です。
絆創膏が包茎矯正グッズになる?手軽に試せる方法
包茎矯正グッズは、自分で剥いてもすぐに元通りの包茎状態に戻るデメリットを解消できる素晴らしいアイテムですが、絆創膏でも手軽に試せるようです。
包茎矯正グッズは危険なの?注意したいポイント
包茎矯正グッズは、手術する必要がなく、自宅で気軽に改善することができるので、包茎に悩む男子から人気があります。
真性包茎を自力で治すキトー君の特徴や効果、使い方など
真性包茎を自力で治療するアイテムとして、キトー君というものがあります。一般的には手術でしか治せないと言われる真性包茎ですが、どうやって治療するのか、その特徴や使い方を見ていきましょう。