真性包茎を自力で治すキトー君の特徴や効果、使い方など

真性包茎を自力で治療するアイテムとして、キトー君というものがあります。一般的には手術でしか治せないと言われる真性包茎ですが、どうやって治療するのか、その特徴や使い方を見ていきましょう。

 

キトー君の特徴、期待できる効果

 

キトー君はハサミのような形状をしていて、先端部分はほぼ直角に曲がっており、はさみの要領でその部分を広げることが可能です。

 

つまり先端部分をペニスを覆う皮に差し込み、キトー君を広げることで皮も広げることができるのです。

 

これによって皮が徐々に拡張されていき、最終的には剥けた状態まで持っていけるというのがキトー君に期待できる効果なのです。皮を自分で矯正するためのアイテムだとイメージしてもらえればいいでしょうか。

 

専用器具で自分で手軽に矯正ができることも特徴で、手術での治療はしたくない、人に見られるのは恥ずかしいし自分で治療したい、そんな方には便利なアイテムになるでしょう。

 

実際に真性包茎が治るかどうかはわかりませんが、もし治れば手術を回避して悩みも解消できます。

 

キトー君の使い方

 

それでは具体的な使い方を詳しく紹介します。まず、利き手でキトー君を持ち、反対の手でペニスを掴み持ち上げます。この状態でキトー君の先端部分を皮に挿入し、そのままキトー君を広げていきます。

 

するとキトー君に引っ張られる形で皮も広がっていきますので、痛くないところまで広げたらそのまま30分間その状態をキープします。

 

これを毎日、午前と午後に行いましょう。毎日皮を広げることでこれまで剥けなかった皮を剥けるように狙う仕組みです。

 

30分固定するのは少し面倒ですが、比較的手軽な方法で矯正を図ることができ、無理なく真性包茎の治療を目指せます。

 

包茎の治療は手術が一般的ですが、どうしても手術は避けたい方もいるでしょう。

 

そうした方を対象にしたアイテムもありますので、まずは自力での治療を目指してみるのもいいかもしれません。もしこれで治れば費用の面でも安く抑えられます。


【注意】包茎手術の費用でトラブルにならない為の5つの心得!

真性包茎を自力で治すキトー君の特徴や効果、使い方など関連ページ

病院に行くよりも包茎矯正グッズが良い?主なメリットとは?
包茎の治療を試みる場合、通常は病院に行って手術を受けるのが普通で、実際、多くの人が病院や包茎治療専門のクリニックを利用しています。
埋没包茎に効果が期待できる包茎矯正グッズの選び方
一口に包茎と言っても色々な種類があり、中年男性に多いのが、突き出たお腹のせいで体の中にペニスが埋まってしまう埋没包茎です。
絆創膏が包茎矯正グッズになる?手軽に試せる方法
包茎矯正グッズは、自分で剥いてもすぐに元通りの包茎状態に戻るデメリットを解消できる素晴らしいアイテムですが、絆創膏でも手軽に試せるようです。
包茎矯正グッズは危険なの?注意したいポイント
包茎矯正グッズは、手術する必要がなく、自宅で気軽に改善することができるので、包茎に悩む男子から人気があります。
包茎を自力で治す方法5選
包茎はクリニックで手術を受けなくとも、自力で治せる可能性もあります。それではどんな方法が自分でできる治療法なのでしょう。これがわかればまずは自力での改善を目指すことも可能になります。