包茎矯正グッズは危険なの?注意したいポイント

包茎矯正グッズは、手術する必要がなく、自宅で気軽に改善することができるので、包茎に悩む男子から人気があります。しかしグッズなので使い方によっては危険性が危惧されますが、注意したいポイントなどはあるのでしょうか。

 

後悔

 

勃起不全や感染症の危険性がある

 

包茎矯正グッズは手頃な価格で購入することができ、しかも病院に行かずに治療できるので、実に有意義なアイテムです。自宅で包茎が改善できて、男としての自信を持って生きて行けるようになるなら、これほど嬉しいことはありません。

 

しかし、過度に使用するなど使い方を誤ると締めつけにより、うっ血を引きおこして勃起不全になる可能性があります。また、矯正器具を使用する場合、不用意に装着して使用し続けると、ペニスが感染症を起こしてしまう危険性があるので注意が必要です。使用の際は、自分がどのタイプの包茎の種類なのかをよく見極め、わからない時は専門医に相談しましょう。

 

地道に長く継続していく必要がある

 

包茎矯正グッズは、あくまで矯正器具なので即効性はなく、それなりに長く継続していかないと効果は得られません。治療器具で包茎を治す場合、効果期間はじっくりと見て行く必要があり、少なくとも器具で治療効果を得るには数ヶ月間の使用が求められます

 

おおよその判断基準としては6ヶ月くらいが目安になるので、包茎を包茎矯正グッズで治そうとするなら、長い目で考えていきましよう。また基本的に、軽度の仮性包茎の人だけに効果が得られるものなので、重度のカントン包茎や真性包茎の人の使用はオススメできません。

 

剥き癖を付ける器具で根本的に包茎を治す力はない

 

包茎矯正グッズを使用するに当たって注意しないといけないのは、剥き癖を付けるための器具なので包茎を治す力はないということです。皮を根元まで持ってきてその上に装着して使用することで皮を亀頭まで戻らないようにするので、剥いた状態を矯正するに過ぎません。

 

しばらくすると亀頭に皮が戻りにくくなるのですが、皮のサイズ自体に変化はないので、根本的に包茎を治すことはできません。包茎矯正グッズを使用しても皮のサイズが急に小さくなることはないので、皮がかなり多い人には効果が得られない可能性があります。改善しない場合は、包茎手術で皮を除去することも視野に入れておきましょう。

 

包茎矯正グッズは使い方を誤ると、勃起不全や感染症の危険性があるので注意しましょう。また、あくまで剥き癖を付ける器具なので、根本的に包茎を治す力はなく、効果を得るには少なくとも6ヶ月くらいは長く継続して使用していく必要があります。


【注意】包茎手術の費用でトラブルにならない為の5つの心得!

包茎矯正グッズは危険なの?注意したいポイント関連ページ

病院に行くよりも包茎矯正グッズが良い?主なメリットとは?
包茎の治療を試みる場合、通常は病院に行って手術を受けるのが普通で、実際、多くの人が病院や包茎治療専門のクリニックを利用しています。
埋没包茎に効果が期待できる包茎矯正グッズの選び方
一口に包茎と言っても色々な種類があり、中年男性に多いのが、突き出たお腹のせいで体の中にペニスが埋まってしまう埋没包茎です。
絆創膏が包茎矯正グッズになる?手軽に試せる方法
包茎矯正グッズは、自分で剥いてもすぐに元通りの包茎状態に戻るデメリットを解消できる素晴らしいアイテムですが、絆創膏でも手軽に試せるようです。
包茎を自力で治す方法5選
包茎はクリニックで手術を受けなくとも、自力で治せる可能性もあります。それではどんな方法が自分でできる治療法なのでしょう。これがわかればまずは自力での改善を目指すことも可能になります。
真性包茎を自力で治すキトー君の特徴や効果、使い方など
真性包茎を自力で治療するアイテムとして、キトー君というものがあります。一般的には手術でしか治せないと言われる真性包茎ですが、どうやって治療するのか、その特徴や使い方を見ていきましょう。