ケジラミ症の感染原因や症状、治療法

ケジラミ症という性病があります。名前だけは聞いたことがあるけど、どんな病気なのかよく分からない……そんなケジラミ症に焦点を当てるとしたら下記になります。

 

ケジラミ症はどんな病気なのか?

 

ケジラミ症は陰毛に直接接触することにより、しらみの1種であるケジラミが感染して起こる性病です。性行為で感染する危険性があるケジラミですが、タオルや毛布などのやり取りでも感染する危険性があります。性行為以外でも感染することを覚えて起きましょう。

 

ケジラミはしらみの1種の吸血系昆虫が原因で起こります。このケジラミは体長1ミリメートル前後で、陰毛に住み着いて人間の血を吸って生きていきます。目に見えない虫ではないので、見ようとすれば感染している人は蠢いているケジラミを自分の陰毛で見ることができるかもしれません。

 

陰毛同士の接触で感染するケジラミは、肛門周辺や腋毛、胸毛やふとももにも感染する危険性があります。性病なので陰毛だけに感染するという考えは捨てたほうがいいでしょう。

 

ケジラミの症状

 

ケジラミの症状として、感染部の激しいかゆみがあります。何も感じない人もいますが、陰毛にいるケジラミは見ていてとても不愉快な気分になります。

 

ケジラミは小さな吸血性昆虫なので、見ようと思えば目に入ってしまいます。見つけたらすぐに性行為を中断し、治療を病院やクリニックで開始するようにしましょう。

 

オーラルセックスで咽喉に感染する危険性はありませんが、ヒゲなどの毛に感染する可能性はあります。なるべくならケジラミに感染している人とはオーラルセックスも行なわないほうが理想的です。

 

ケジラミの解決策

 

まず、ケジラミに感染しているかどうか陰毛を見て判断しましょう。小さなケジラミや卵があったら、ほかの人に感染する前に病院やクリニックへ受診をし、治療を行うのをお勧めします。

 

ケジラミの治療で一番確実なのは、ケジラミが寄生している陰毛を全て剃ってしまうことです。または、ケジラミの寄生場所である陰毛周辺を薬用パウダーやシャンプーによって洗い落とし、殺菌する事も有効です。

 

ケジラミとその卵が全部殺菌され、駆除されれば痒みが収まり、治ったことになります。重要なのは陰毛以外にケジラミが感染していないか確認することです。人から離れたケジラミはしばらくの間潜在している可能性が高く、衣類や寝具などにいる可能性があります。

 

自分の身体だけでなく、こうした場所も徹底的に熱処理やドライクリーニングをしてケジラミを完全に排除しましょう。


包茎手術費用比較

ケジラミ症の感染原因や症状、治療法関連ページ

淋病
性病の1つに淋病という病気があります。普通の人はあまり馴染みのない病気ですが、どんな感染経路で感染してしまうのでしょうか?
亀頭包皮炎
最近、性病の1つである亀頭包皮炎に掛かってしまう人が増えています。性病に関する知識がない人はどんな病気なのかイメージがわかないと思います。
尖圭コンジローマ
性病の1つに尖圭コンジローマという病気があります。性行為によって感染の可能性が高まる以外に一般の人はあまり馴染みない病気だと思います。
性器ヘルペス
性器ヘルペスという性病についてどれくらいの理解がありますか? 他人事だと思わずに、性器ヘルペスがどんな症状を持ち、どんな治療法があるのか……
クラミジア
性病では最も感染している人が多いと言われているクラミジア。 もし感染の可能性があるならばその特徴を知っておかなければいけません。
HIV
性病の中でも恐ろしい病気の1つがHIVです。 しかし、きちんとHIVを理解している人は少ないでしょう。
肝炎
肝炎とは、肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が破壊されてしまう病気です。 その原因はウィルスやアルコール、自己免疫ですがB型とC型でそれぞれ特徴が異なります。
梅毒
ペニシリンの出現によって不治の病といわれなくなった梅毒。 昔からある性病の梅毒について、どんな病気なのか知らない人も多いでしょう。
カンジタ
女性がかかってしまう性病の1つ……カンジタ いったいどんな特徴があるのでしょうか?