亀頭包皮炎の感染原因や症状、治療法

最近、性病の1つである亀頭包皮炎に掛かってしまう人が増えています。性病に関する知識がない人はどんな病気なのかイメージがわかないと思います。いったいどんな症状や治療法があるのでしょうか?

 

亀頭包皮炎とは?

 

亀頭包皮炎は、セックスや口を使ったオーラルセックス、オナニーのときに亀頭や包皮に小さな傷を作ってしまうことが原因で起こります。傷から雑菌やカビなどの真菌が感染し痒みなどの症状を引き起こしてしまうのです。黄色ブドウ球菌や大腸菌などの雑菌やカンジタが亀頭や包皮の傷に感染することで起こる病気です。

 

小さな傷や洗い残しが起こりやすい包皮は亀頭包皮炎が起こりやすい部分でもあります。性行為のほかの原因として、洗いすぎや下着とのこすれなどが挙げられます。意外かもしれませんが、性行為だけが感染原因ではないのです。

 

症状としては痒みのほかに亀頭や包皮の発赤や爛れ、軽い痛みを発症する場合もあります。亀頭包皮炎は男性がかかる性病なので、女性が発症することはありません。原因となる菌によって症状が変わる性質を持っています。

 

雑菌や淋菌が原因で亀頭包皮炎になった場合は、亀頭部分のカリから包皮にかけて炎症を引き起こしたり、黄色い膿が付着するなどの症状が起こります。カンジタ菌の場合は、カリから包皮にかけて赤くなり、白いカスがたまった痒みを引き起こします。男性の性病である亀頭包皮炎は亀頭や包皮に感染した菌によってこのような違いが起こる病気なのです。

 

亀頭包皮炎の対処法

 

亀頭包皮炎の治療法は軟膏やクリームを患部に塗る方法が取られます。原因となる感染菌によって詳しい治療法はさらに分かれます。

 

もし、淋菌が原因で亀頭包皮炎に感染した場合抗生物質の投与が必要になり、カンジタ菌は抗真菌剤を使った治療することになります。どちらにせよ、亀頭包皮炎の場合、患部を清潔にすることが治療する上で重要な課題になります。普段以上に清潔さを心がけるように患部を洗うようにしましょう。

 

ただし、洗うときは、石鹸をつけて普段より強めに洗いすぎると症状を悪化させることがあります。もちろん、病院やクリニックでの治療も有効です。亀頭包皮炎を疑ったときは、ほかの性病の可能性もあります。受診科は泌尿科で検査をしてもらうことになります。

 

亀頭包皮炎は男性がかかる病気ですが、パートナーである女性もほかの性病にかかっている可能性があります。婦人科や産婦人科で性病にかかっていないか調べてみるのもいいでしょう。


包茎手術費用比較

亀頭包皮炎の感染原因や症状、治療法関連ページ

淋病
性病の1つに淋病という病気があります。普通の人はあまり馴染みのない病気ですが、どんな感染経路で感染してしまうのでしょうか?
尖圭コンジローマ
性病の1つに尖圭コンジローマという病気があります。性行為によって感染の可能性が高まる以外に一般の人はあまり馴染みない病気だと思います。
性器ヘルペス
性器ヘルペスという性病についてどれくらいの理解がありますか? 他人事だと思わずに、性器ヘルペスがどんな症状を持ち、どんな治療法があるのか……
クラミジア
性病では最も感染している人が多いと言われているクラミジア。 もし感染の可能性があるならばその特徴を知っておかなければいけません。
ケジラミ
ケジラミ症という性病があります。 名前だけは聞いたことがあるけど、どんな病気なのかよく分からない……
HIV
性病の中でも恐ろしい病気の1つがHIVです。 しかし、きちんとHIVを理解している人は少ないでしょう。
肝炎
肝炎とは、肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が破壊されてしまう病気です。 その原因はウィルスやアルコール、自己免疫ですがB型とC型でそれぞれ特徴が異なります。
梅毒
ペニシリンの出現によって不治の病といわれなくなった梅毒。 昔からある性病の梅毒について、どんな病気なのか知らない人も多いでしょう。
カンジタ
女性がかかってしまう性病の1つ……カンジタ いったいどんな特徴があるのでしょうか?