包茎にまつわる話記事一覧

 

男性特有のいじめに、包茎が挙げられます。中学や高校などで無理やり裸にされて性器を見られ、包茎だということを言いふらされるのです。また、修学旅行のお風呂や部活動の着替えなどで裸になったときに見られてしまい、包茎をネタにいじめられてしまう子も多いようです。そもそも勃起していない状態で皮が被っている仮性包茎は、それほど珍しいものではありません。しかし、間違った知識のために包茎はおかしいということになり、...

 
 

包茎手術は年代によってもその在り方が変わってきています。1970年代では、包茎手術は韓国やアメリカではスタンダードなものでした。ただし、アメリカと韓国では包茎手術の考え方は多少異なります。アメリカでは第二次世界大戦後〜70年代くらいまでは新生児期、乳児期に多くの男児が包皮を切除する手術(環状切除術)を受けていました。宗教的な理由から新生児・乳幼児期に「割礼」を行う国はアメリカ以外にもありますが、ア...

 
 

野球選手はサウナや露天風呂など裸の付き合いが多いイメージがありますよね。バットを振る時に内モモにイチモツが当たるようなイメージがいいと言って、全裸でスイング指導をしたという話も過去にはありました。そうなると、どうしてもお互いの性器を見てしまう機会が多いものです。そこで気になるのは包茎のことなんですが、野球選手といっても例外ではなく、やはり一般男性と同じ比率で皮被りに悩んでいる人もいます。人知れずコ...

 
 

水泳は着替えるときに全裸になるので、更衣室はもちろんシャワー室などで性器を見られてしまう可能性があります。そこで包茎を見られるのを気にして手術を検討する人もいるでしょう。包茎手術後は施術方法にもよりますが、傷口が早くふさがるように生活に制限があります。【参考:包茎手術後の注意点】まず縫合手術の場合は傷口がくっつくまではお酒を飲んでもいけないので、少なくても1週間は禁酒しなくてはいけません。それだけ...

 
 

近年、学校教育の一環で性教育も重視されてきています。早熟の現代の子供たちにしっかりと性教育をするのはとても大事なことですが、大事な性器については教育がちゃんとされているとは思えません。正しい知識を持つということは、1人でくよくよ悩んでしまうことを防ぐことにも繋がります。特に包茎について学校ではちゃんと教えていないため、剥けている子が包茎の子に対していじめをするケースもあります。そもそも仮性包茎は全...

 
 

ほとんどの男性は包茎だから以上では無いというものの、やはり皮の被り状態が酷ければ陰茎に悪影響を及ぼします。その中で深刻なのが、先細り陰茎です。通常の陰茎は先端がキノコのかさのように大きくなっているものですが、それが先端に行くに連れ先細っている状態になることがあります。陰茎の先細りは、成長時にほとんど外に亀頭が露出しなかったために起こる現象です。大人になってもまるで子供のような陰茎のままの人もいます...

 
 

肥満と包茎は一見、何も関係がないように見えますが、実は深く関係しています。もし、肥満気味で包茎という方は、ダイエットをすれば包茎が改善する可能性もあると思ってください。肥満の方に多く見られる包茎は、包皮を手でめくることができる仮性包茎というものです。仮性包茎の場合、通常時は包皮に亀頭が覆われていますが、勃起になると自然とめくれますし、手で簡単にめくることもできます。そのため、普段の生活に支障をきた...