包茎手術は確定申告の際に医療費控除の対象になるのか?

包茎手術は確定申告の際、医療費控除の対象になるのか、この点が気になっている方も多いと思います。高額な治療費を支払うことになりますから、もし医療費控除の対象になるなら上手に利用していきたいところです。

 

包茎手術は医療費控除の対象

 

真性包茎、カントン包茎、仮性包茎どれでも対象になり、どんな種類であれ包茎手術をすれば医療費控除を申請できる形です。

 

包茎手術の場合、真性包茎とカントン包茎は保険適用で、仮性包茎は保険適用外のため、これと同じで医療費控除の対象になるのは真性包茎とカントン包茎だけと考える方も多いようですが間違いです。

 

とにかく包茎手術をしたのであれば、医療費控除を申請できると覚えておきましょう。ただし、医療費控除の申請にはその年に支払った医療費の合計が10万円以上であること、という条件があります。

 

包茎手術以外でまったく医療費を支払っておらず、同時に非常に安い治療費だった場合はこの条件を満たせない可能性もありますのでその点には注意しましょう。

 

とはいえ包茎手術では10万円以上の治療費になることがほとんどですから、基本的には条件を満たせることが多いようです。

 

仮性包茎の場合の注意点

 

医療費控除の申請が可能ではありますが、適切かどうかを判断するのは税務署です。そのため仮性包茎の場合、医療費控除が認められない可能性も出てきます。というのも、特に軽度な仮性包茎の場合、衛生面や機能面でのリスクがほとんどなく、治療する必要性が薄い場合があるからです。

 

医療面での必要性が薄いのに治療をした場合、あくまでも美容目的での治療と判断されてしまい、医療費控除も認められないわけです。

 

そのため確定申告の際に医療費控除の対象として申告をしたい場合には、美容目的ではなく衛生面や機能面のことを考えて治療をしたことを伝え認められる必要があります。

 

医療費控除を利用できれば治療費の負担を減らすことができます。より気軽に包茎治療ができるようになりますので、包茎をしっかり治療するためにも医療費控除との関係を抑えておくことは大切です。


【注意】包茎手術の費用でトラブルにならない為の5つの心得!

包茎手術は確定申告の際に医療費控除の対象になるのか?関連ページ

包茎はイジメの対象か?
男性特有のいじめに、包茎が挙げられます。中学や高校などで無理やり裸にされて性器を見られ、包茎だということを言いふらされるのです。
70年代世界の包茎手術事情
包茎手術は年代によってもその在り方が変わってきています。1970年代では、包茎手術は韓国やアメリカではスタンダードなものでした。
野球選手は包茎手術が必須?
野球選手はサウナや露天風呂など裸の付き合いが多いイメージがありますよね。バットを振る時に内モモにイチモツが当たるようなイメージがいいと言って
水泳が趣味の人の包茎手術
水泳は着替えるときに全裸になるので、更衣室はもちろんシャワー室などで性器を見られてしまう可能性があります。そこで包茎を見られるのを気にして手術を検討する人もいるでしょう。
性教育の段階で教えるべき?
近年、学校教育の一環で性教育も重視されてきています。早熟の現代の子供たちにしっかりと性教育をするのはとても大事なことですが
包茎の影響による陰茎の先細り
ほとんどの男性は包茎だから以上では無いというものの、やはり皮の被り状態が酷ければ陰茎に悪影響を及ぼします。
肥満と包茎の因果関係
肥満と包茎は一見、何も関係がないように見えますが、実は深く関係しています。もし、肥満気味で包茎という方は、ダイエットをすれば包茎が改善する可能性もあると思ってください。
男性特有の前立腺ガンと包茎の関係性について
男性特有のガンである前立腺ガンですが、同じく男性特有の症状である包茎とは関係性があると言われています。いったいどんな関係があるのか、男性ならぜひとも知っておきたい部分です。
老人性包茎になりやすい人の特徴や予防・対策法とは?
年齢を重ねてからなることがある老人性包茎ですが、なりやすい人の特徴とはなんなのでしょう。また、老人性包茎を予防するための対策法はあるのか、このあたりも同時に見ていきます。