包茎は性教育の段階で教えるべき

登校中の学生

近年、学校教育の一環で性教育も重視されてきています。早熟の現代の子供たちにしっかりと性教育をするのはとても大事なことですが、大事な性器については教育がちゃんとされているとは思えません。正しい知識を持つということは、1人でくよくよ悩んでしまうことを防ぐことにも繋がります。

 

特に包茎について学校ではちゃんと教えていないため、剥けている子が包茎の子に対していじめをするケースもあります。そもそも仮性包茎は全くおかしいことではなく、割礼が習慣づいていない日本では通常時皮が被っている人の方が多いのです。普段は皮が被った状態でも、勃起した時やお風呂で剥ければ問題ありません。

 

また、性教育では包皮を清潔に保つ重要さと、不潔にすることによるリスクも教えておきたいものです。本来は家庭で親から子へ教えられるものですが、学校でも性教育の一環として教えておくといいですね。

 

真性包茎は無理に剥いては危険だということも知って欲しいです。間違った知識のままでいると、無理やり剥いてカントン包茎になってしまう恐れがあります。仮性包茎は恥ずかしくないと知ってもらうのと同時に、真性包茎やカントン包茎の危険性についても知っておくべきです。

 

もうひとつ、男性器に対する誤解でフォアダイスがあります。フォアダイスは良性なのですが、ブツブツしか外観から性病と間違われてしまいます。自分の大事な性器だからこそ、これらの特徴については子供のうちから知っておく必要がありますよ。


包茎手術費用比較

包茎は性教育の段階で教えるべき関連ページ

包茎はイジメの対象か?
男性特有のいじめに、包茎が挙げられます。中学や高校などで無理やり裸にされて性器を見られ、包茎だということを言いふらされるのです。
70年代世界の包茎手術事情
包茎手術は年代によってもその在り方が変わってきています。1970年代では、包茎手術は韓国やアメリカではスタンダードなものでした。
野球選手は包茎手術が必須?
野球選手はサウナや露天風呂など裸の付き合いが多いイメージがありますよね。バットを振る時に内モモにイチモツが当たるようなイメージがいいと言って
水泳が趣味の人の包茎手術
水泳は着替えるときに全裸になるので、更衣室はもちろんシャワー室などで性器を見られてしまう可能性があります。そこで包茎を見られるのを気にして手術を検討する人もいるでしょう。
包茎の影響による陰茎の先細り
ほとんどの男性は包茎だから以上では無いというものの、やはり皮の被り状態が酷ければ陰茎に悪影響を及ぼします。
肥満と包茎の因果関係
肥満と包茎は一見、何も関係がないように見えますが、実は深く関係しています。もし、肥満気味で包茎という方は、ダイエットをすれば包茎が改善する可能性もあると思ってください。